七五三

 

・七五三とは

昔は貴族のお祝い事でございまして、一般的に行う様になりましたのは明治の頃とのことでございます。当時は乳幼児の死亡率が高く、7歳未満の子供は神の子とされておりました。

節目毎にお祝いを重ね、7歳になり初めて社会の一員と認められたそうでございます。

 

 

・お祝いの手法

        3歳の男女:髪をのばしはじめる「髪置き」

「髪置き」よりをかけず1本で使う絓糸(すがいと)を頭の上に載せ長寿を祝い、鬢を左右鋏で挟む真似をします(男児右から/女児左から)

        5歳の男の子:初めて袴を付ける「袴着」

「袴着」碁盤の上にで吉方へ向かい袴の帯を結ぶ

        7歳の女の子:帯を使い始める「帯解き」

「帯解き」子供用着物の付け紐を取り、肩あげをした着物に丸帯を結ぶ

 

 

・11月15日

二十八宿(にじゅうはっしゅく/中国の天文学や占星術でもちいられた方角等のこと)の「鬼宿日(きしゅくにち)」と言われ鬼が休むのでお参りが邪魔されないという吉日。

旧暦の11月15日は秋の収穫を祈る「霜月祭」の日でございまして、併せて子供の成長も祈ったといわれております。

現在では更に六曜(大安や友引など)を含め10月後半から11月にかけて御家族様のご都合の良い日にお集り頂く事が多うございます。

 

古くからの作法もございますが、お子様がなれない着物より洋装でという御家族様も増えており、

みなさまで楽しくお祝いするのが一番かと存じます。

弊店ではお参りやお写真撮影でお疲れになられた皆様がおくつろぎ頂けます様心を込めてご用意させて頂きます。