和食の作法ーお箸編ー

お箸篇

※作法には様々な流派があります。
※一番大切なのは、楽しく美味しく食べる事です。

弊店では割り箸をご用意しておりますので、割り箸の使い方を書いていきます。
まず割り箸の割り方
お箸を右手で水平に持ち、そっと下から左手を添え上下に割ります。
箸を縦に持ち左右に割ると、両隣の方に肘撃ちしてしまうので気をつけてください。

使い方
基本は箸置きに置きます。器に掛けたり載せたりするのはあまり良くありません。

お椀とお箸を一緒に持ちたい時は、まずお椀を両手でもってから左手に預け、
次に右手でお箸を持ち器の下で器の下の左手中指等に預け、正しい持ち方に右手をなおし箸を取ります。

逆さ箸や涙箸、差し箸や渡し箸など様々な「良くない箸の使い方」がありますが、
手っ取り早く覚えるには「箸先は奇麗ではないので人に見せる物ではない」と覚えると良いと思います。
箸は箸先3センチ位までを使い、汚れた場合は懐紙で拭くと良いでしょう。

落ちた場合
特に最近は和室でも椅子のお席が多くなり箸が落ちたりすることもあります。
その様な時は、自分で取らず、仲居などに箸が落ちたと御伝え下さい。
新しい箸をご用意致します。
また簡単に取れる場所にある場合のみ先に拾います(立たれた際足下が汚れない様に)が
奥などに転がった場合はお帰り頂いてから片付けますのでお気になさらないでください

食べ終わり
箸袋に戻すのがマナーとよく聞きますが、趣味や記念に箸袋を集めている方もおられると思います。
箸は箸置きに置いて頂ければ結構でございますので、どうぞお持ち帰り下さい。
お食事中に邪魔になりそうな場合や汚れてしまった場合など箸袋を片付けてしまう事もございます。